英語をペラペラと喋るシャドーイングの効果的な練習のやり方

英語を喋る時の大事なコツやポイントについて

 

英語を上手く話したい、外国の方に伝わりやすく英会話を話したいと考えている方もいます。

 

そんな方に、上手に英語を喋るいくつかのコツやポイントについて紹介していきます。

 

日本語と違い、英語を話す時に大事なこととされているポイントの1つとして、

 

英語を喋るときにのどで鳴らすようにするという事があります。

 

 

イメージとしては、のどを絞って声を絞り出すような感じと言われています。

 

簡単な方法としては、普段日本語を話す時よりも低めの声で話すことです。

 

 

このことを意識することで、英語っぽい発音で話すことが出来ます。

 

外国の方に英語が通じないという場合には、発声が小さいという場合もあります。

 

 

英語を話す自信が無い方はなおさら声の大きさが小さくなってしまうので、

 

外国の方と英語を話す時には声を大きくするように心掛けてみるのもコツの1つです。

 

 

英語には、日本語にない音も使うので、その音を上手に使えるように練習します。

 

例えばL、V、F、THを中心に練習していくと、外国の方が話すような感じが出てくるので、

 

これらに注意して英語の発音と発声を練習をするようにしましょう。

 

上手に外国の方に英語を伝わるようにするには、

 

やはり日頃からの英語勉強や耳で聞く耳トレも必要になってきます。

 

空いた時間を使って英語を日頃から聞いておくと英語耳になってくるので、

 

日本語を日常的に聞くように、英語も普段から聞くと英会話のスキルが格段に上がります。

 

 

英語を喋るための学習法は

 

英語を喋るための学習法は、簡単に言えば習うよりも慣れる事が大事です。

 

多くの日本人は英語を勉強する時に文法等の形を気にし過ぎてしまう傾向がありますが、

 

インプットと共にアウトプットもしていかなければなりません。

 

 

一生懸命に英語を勉強したとしても、その学習してきた内容を披露して

 

自分自身が培ってきた英語力を試す必要性があるからです。

 

 

英語を喋るために慣れるには普段の生活のなかに英語を取り入れて自然と学習していくのが良いでしょう。

 

日本語と英語を切り替えられるものは英語に切り替えたり、英語のニュースを見たり

 

映画等でも自然な会話を英語を聞いて使えるフレーズを盗んでいきます。

 

そうしましたら、それを頭の中だけで整理するのではなく日記に書いて、

 

英語が分かる人に添削してもらったり表現がナチュラルであるかを確認して貰ったりしてください。

 

 

もちろん学んで覚えた単語やフレーズは自分の中に取り入れて使ってみる事が大事で、

 

とにかく色んな方と英語で喋って慣れていきます。

 

 

英語の基礎は文章を書いたり、見たりの個人練習ですが会話に慣れないと

 

意味がありませんので通じなくても修正しながら喋ります。

 

この時の注意点は辞書を使わずに間違いを恐れずに伝えていく事が重要です。

 

 

スムーズに英語をペラペラと喋るシャドーイングの効果的な練習のやり方

 

英語をそこそこ学習し、TOEICの点数も悪くはないけれど、英語を喋るのが苦手だという方は多いでしょう。

 

自宅でもできるスピーキングの練習として、なにより効果的なのは「シャドーイング」です。

 

 

このシャドーイングに必要なものは、英語の音源だけなので手軽に練習できます。

 

英会話教材や好きなドラマ、ラジオの語学講座など何でもいいですが、

 

できればネイティブが喋るものを使います。

 

また、はじめのうちは字幕やテキストなどがあれば望ましいです。

 

 

シャドーイングのやり方は、流れてくる英語を聞き、その英語へ影のようにぴったりくっついて話すだけです。

 

完全に重ねて喋るのではなく、耳に入った英語を話すくらいのタイミングで話します。

 

 

最初はなかなか難しいと感じると思いますが、何度も繰り返すうちに口が慣れ、

 

英語で話している音源のスピードに付いていけるようになり、発音などに注意したり、

 

音源の細かいところを聞く余裕も出てきます。

 

音声CDを聴いてリスニングを鍛えるならネイティブスピードの効果があると思います。

 

 

このシャドーイングの練習を繰り返すことによって、発音だけでなく、

 

ネイティブが話す時の呼吸のタイミングやアクセントの置き方を身につけることができます。

 
  • link2を更新しました
  • link1を更新しました